1. トップページ
  2. 産科の診療
  3. 「痛くない出産」無痛分娩
「痛くない出産」無痛分娩

「痛くない出産」無痛分娩

Painless Delivery

産後の体力を奪わない出産方法

近年、無痛分娩を希望される方が増えてきました。ご退院後すぐに上のお子さんの世話をしないといけないママや、一日も早い職場復帰を目指している方、出産の痛みに不安を感じている方などが、体力を奪われにくい「無痛分娩」という選択をしています。

「子どもはお腹を痛めて産むもの」とよく言われるため、無痛分娩に抵抗がある方がおられますが、安心してください。全く、痛みがないわけではないのです。赤ちゃんを押し出すのに必要な痛み(本来の痛みの10分の3程度)は残します。なお、この無痛分娩には硬膜外麻酔を行います。


硬膜外麻酔とは

お産の痛みを伝える神経は、背骨の中に集まっています。そこで背骨のところにある「硬膜外腔」に直径1ミリほどの細くて柔らかい管を入れ、その管から麻酔薬を注入して痛みをとるのが、硬膜外麻酔と言われるものです。背骨の中の神経をブロックして、鎮痛します。

当院では、この硬膜外麻酔と分娩誘発をセットで行いますので、より楽に出産することが可能になります。硬膜外麻酔は、どの医療機関でもできるものではなく、麻酔医を標榜している医師でしかできません。桂川レディースクリニックでは、院長桂川浩が麻酔を担当します。


硬膜外麻酔を実施する時期

硬膜外麻酔を行うタイミングは、基本的には産婦さんから陣痛を緩和してほしいというリクエストがあった時ですが、目安としては、子宮口開大が大体3~5㎝の頃、陣痛間隔が規則的に5分毎になってきた頃に、無痛分娩を開始します。この硬膜外鎮痛法は無痛分娩のときだけに用いられるのではなく、手術や手術後の痛み止めの目的で日常的に使われている方法です。


無痛分娩のメリット

  • 腰の痛みが楽になる
  • リラックス効果で産道が開きやすくなる
  • 赤ちゃんが生まれる時、会陰が伸びやすくなる
  • 会陰切開の時、局所麻酔が不要

無痛分娩で出産された方の声

2人目出産。育児の体力を残しておくために選択しました。

無痛分娩を選択した理由はなんですか?
1人目の出産時、分娩に2日かかり出血が多く難産だったため。
また、ホルモンの持病があり、一人目出産後体調が悪くなり産後の育児もとても大変だった経験から、出産そのもののイメージが恐怖となっていた。また、今回は実家に里帰りする予定ではなかったので、産後2人の育児をするにあたって体力を残しておきたかった。

無痛分娩に対する妊娠中の家族の意見や反応はいかがでしたか?
夫はとても協力的で、入院中に上の子のお世話をしやすいように出産日も相談して決めることができた。両親はまわりに無痛分娩者がいなかったからか心配していた。

無痛分娩で出産していかがでしたか?
とても満足。
2人目出産の場合、入院中に上の子の世話を気にかける必要があるが、家族に相談して決めることができたことや、陣痛の始めから分娩室に入ることができて精神的に楽だった。

前回の分娩と比較していかがでしたか?
とても楽だった。前回の分娩では丸2日出産に時間がかかったので体力はなく、いきむ事もできなかったが、今回は体力があったので助産師さんの「いきんで~」の声でしっかりいきむ事ができた。

出産の時の担当助産師の関わりはいかがでしたか?
とても満足。助産師さんはどの方もとても優しくて本当に感謝しています。

産後の体調はいかがでしたか?
とても楽だった。

次回、出産の機会があれば無痛分娩を希望しますか?
ぜひ希望する。

今回の無痛分娩に関する外来や病棟での対応はいかがでしたか?
私は出産においてどう産むかではなく、どれくらい愛情をかけてその後育ててあげられるかだと思います。(もちろん安全ありきですが)
産後、母親の体力がなくなると育児はできなくなり、育児ができない自分に対して、なんてダメな母親なんだろうと自分を責めたこともありました。2人目が欲しいなと思った時にも、1人目の出産を思い出して諦めようと考えたこともありました。
出産はその後に続く育児への入り口です。1人でも多くのお母さん達が育児は楽しいと思えるようになってほしいと思います。

初産婦。出産に恐怖感があり、無痛分娩を選択しました。

無痛分娩を選択した理由はなんですか?
痛みに弱く、子どもの頃から出産は痛い、怖いという思いがとても強かった。そのため、出産するなら絶対に無痛でというこだわりがあった。

無痛分娩に対する妊娠中の家族の意見や反応はいかがでしたか?
特に反応はなく、したいようにしたらいいという意見だった。

無痛分娩で出産していかがでしたか?
とても満足。想像よりもかなり楽(とくに心理的な面で)だったので、出産のときのことをしっかり思い出せるし、我が子と一緒にお産を頑張れたという気持ちになれた。自然分娩だと痛さでパニックになって冷静に対応できなかったと思う。

出産のときの担当助産師の関わりはいかがでしたか?
とても満足。
色々な方に関わって頂いたが、笑顔のすてきな方、リラックスできるような関わりをしてくださる方、ほめ上手な方、体調を心配してくださる方など、皆さんそれぞれ気持ちのホッとする関わりをして下さって安心できた。

産後の体調はいかがでしたか?
普通

次回、出産の機会があれば無痛分娩を希望しますか?
希望する。

今回の無痛分娩に関する外来や病棟での対応はいかがでしたか?
当初から無痛分娩ができるクリニックと聞いていたが、詳しい内容がわからなかった。もう少し早くから詳しく案内してもらえたらよかったと思った。

初産婦。無痛分娩のおかげで出産が楽しかったです。

無痛分娩を選択した理由はなんですか?
前期マタニティクラスで院長先生から無痛分娩の紹介があったことと、職場や友人に無痛分娩の経験者が多くいて、前から興味があったため。

無痛分娩に対する妊娠中の家族の反応はいかがでしたか?
産む本人の希望なら、そうすれば良いという反応。

無痛分娩で出産していかがでしたか?
とても満足。
陣痛の間は全く痛みがなく穏やかに過ごせたし、産む瞬間も余裕があったおかげで、出てくる赤ちゃんを見ることが出来たため。また、出産の思い出が「痛かった」や「辛かった」ではなく「楽しかった」と言えるため。

出産の時の担当助産師の関わりはいかがでしたか?
とても満足。
定期的に今のお産の進み具合などを教えてくださって安心できた。

産後の体調はいかがでしたか?
ややしんどかった。

次回、出産の機会があれば無痛分娩を希望しますか?
希望する。

無痛分娩に関する外来や病棟での対応はいかがでしたか?
一緒に入院していた方が、無痛分娩を実施していることをご存知なかったようで、「知っていたら無痛分娩をしたかった」とおっしゃっていました。
お世話になり本当にありがとうございました!桂川レディースクリニックで出産して本当に良かったです。


無痛分娩施設情報

PDFでみる(105キロバイト)