1. トップページ
  2. ブログ
  3. 無痛分娩の取り組み②
スタッフの写真

無痛分娩の取り組み②

ブログ

助産師の越智です。

前回の院長のブログからバトンを受け取りました。 桂川レディースクリニックでは、いよいよ11月2日から『無痛分娩教室』を開催します。教室は院長と私のリレー方式で行います。広く無痛分娩を知っていただくことがお教室の目的ですが、特にこんなかたを対象としています。

① 無痛分娩を希望される妊婦さんやご家族

② どこで出産しようかと迷っているカップル

③ 妊娠はしていないけど、将来の妊娠・出産に向けて知識を増やしたい方

④ 『無痛分娩って危険なんちゃうの?』と疑問をいだいている方

とにかく桂川LCの安全への取り組みを知って欲しいです。もちろん参加費は無料です。

少しだけ個人的な話をさせてください。私は助産師になり18年、3ヶ所のクリニックで産婦さんをサポートし続け無痛分娩で出産したかたとも数多く関わってきました。日本では麻酔を使用しない自然分娩での出産がほとんどですが、無痛分娩を選択された妊婦さんの多くは、痛みの伴う出産に対しての不安が強いことに気づきました。また、一度陣痛の痛みを経験した妊婦さんの中には「しんどかった…」「産後もつらかった…」という経験から無痛分娩を選ぶかたもありました。 実際、無痛分娩で出産された方の多くが「安全で痛みの少ない出産を選択してよかった」と話されています。

「痛みを緩和したお産」をサポートする上で大切なことは「安全」を確保することだと考えます。つまり、「安全に痛みを緩和する」事が「安心、安全なお産」につながります。 麻酔科の標榜医でもある院長は、麻酔の経験が豊富で、われわれ助産師・看護師も「新生児蘇生」や「母体救命」の研修を終えています。

最後になりましたが、多くのかたと「無痛分娩教室」で出会えることをとても楽しみにしています。