1. トップページ
  2. 不妊の診療
  3. 初診の流れ
初診の流れ

初診の流れ

First Visit

初めて受診される方へ

初診の方は、症状やこれまでの治療歴などをしっかりとお聞きした上で、治療等の説明をゆっくりさせていただき、ご理解してお帰りいただくために、特別に初診枠を設けています
お電話もしくはウェブ予約でご予約をお待ちしています。
ご不明な点、お聞きになりたいことがありましたらお気軽にお尋ねください。

診察を迷っておられる方へ

「不妊の相談窓口」をご利用ください。

お悩みのこと、ご不安を感じていること等何でもご相談ください。
不妊症看護認定看護師が個別相談を担当しております。皆様の不安なお気持ちに寄り添いながらより良い選択ができるよう心を込めてサポートいたします。どうぞお気軽に、お電話にてお問い合わせください。

予約時にお尋ねすること
  • お名前
  • 生年月日
  • ご連絡先

初診にご持参いただくもの

必ずお持ちいただくもの
  • 保険証(ご夫婦で来院される時は、それぞれお持ちください
  • 顔写真の入った身分証明書(運転免許証・パスポート・社員証など)
当院では、ご本人様の間違いがおこらないように、顔写真入りのカルテを作成させていただいています。
お手元にあればお持ちいただくもの
  • 紹介状
  • 基礎体温表
  • 1年以内の検査データー

初診の流れ

受付

  • 保険証を確認させていただき、顔写真付きのカルテを作成いたします
  • 問診票のご記入(問診票はこちらからダウンロードしていただけますので、ご自宅でゆっくり記入してお持ちいただけます)

医師と面談

現在の症状やこれまでの経過を、ゆっくりとお聞きします。
質問や疑問点・不安な点はその場で解消できるようお答えさせていただきます。

内診

子宮卵巣の病状の有無の確認や卵巣予備能検査のために経膣超音波検査します。

内診に抵抗がある方や怖い方は、遠慮せず、前もって医師・スタッフに伝えてください。

採血などの処置

1人1人、異なる指示がでますが、代表的な例として「 AMH:卵巣予備能(卵巣に残っている卵子数)」を調べる検査があります。保険適応外なので高額(¥7,000)になりますが、1度だけ受けていただく検査です。治療方針に大きく関係してくる検査なのでお願いしています。

看護師と面談

医師に聞けなかったことや不安なことなど…なんでもご相談ください。
専門的な知識を持った不妊症看護認定看護師が丁寧にお話をお聞きします。

お会計

個人差がありますが、初診では、保険適応外の大切な検査があるのですが、
月経中の方の場合は 約22,000円
月経中以外の方は 約13,000円
ほどになります。

30,000円以上はクレジットカードが使用できます

※当院では、患者様のご負担を減らすために通院回数はできるだけ少なくできるよう、来院時にできる検査をまとめて行うことがございます。

ご不明な点、お聞きになりたいことがありましたらお気軽にお尋ねください。